2021年6月14日

RSウイルス感染症 〜 季節外れの流行 〜

 乳幼児に肺炎を起こすことのあるRSウイルスが流行しています。例年は78月に流行が始まり、910月にピークを迎え、11月以降に収束します。しかし今年は3月から感染者が徐々に増え始め、6月時点でまだ増え続けています。国立感染症研究所によると、現行方式で統計を取り始めた2018年以降で、最多の20199月に迫る勢いです。この時期の流行は異例のことです。

RSウイルスは、感染者の咳やくしゃみ、鼻汁から感染します。年長児は上気道炎(かぜ)で済むことが多いですが、年少児、とくに生後半年以内の乳児、早産児、心肺に基礎疾患を持つ乳幼児などでは、重い細気管支炎や肺炎を起こすことがあります。特効薬やワクチンはありません。一度かかっても終生免疫が成立せず、何度もかかります。ある程度の免疫は獲得され、かかるたびに症状は軽くなります。マスクの着用や手洗いによる予防は有効です。RSウイルス感染症の詳細は、院長のコラム「RSウイルス感染症 〜乳幼児にとって厄介な病気〜」(201210月)をご参照ください。https://tamai-kids.blogspot.com/2013/10/rs.html#more

RSウイルス感染症は昨年(2020年)、年間を通じて流行しませんでした。新型コロナウイルス対策でマスクを着用する人が増えたことや、幼稚園・保育園が休園したことが影響していると考えられます。通常であれば免疫を獲得するはずであった子どもたちの多くが免疫を持っていないため、今年は感染が急拡大しているのではないかと推測されます。今年のRSウイルス感染症の特徴は、1歳未満の乳児だけでなく13歳児にも重症例がときどき見られることです。子どもが激しい咳をしていたり息苦しそうな素振りを見せたりしていたら、早めに医療機関に相談されることをお勧めいたします。

インフルエンザに関して、同様の事態が起こらないか気になります。2020/21年のシーズン、インフルエンザはまったく流行しませんでした。次のシーズンに大きな反動が起こる可能性が米国の一部の専門家の間で指摘されています。さいわい、インフルエンザにはワクチンがあります。有効率は3070%で満足できる高さではありませんが、無防備であるよりはずっと安全・安心です。当院は9月上旬にワクチン受付を開始いたします。詳細はホームページに掲載する予定です。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿