2013年4月9日

身長を伸ばすサプリメントは存在しない

 「身長を伸ばす効果がある」と謳うサプリメントが新聞や雑誌やインターネットで宣伝されています。しかし、医学的に有効性が証明されたサプリメントは一つとして存在しません。皆様が誇大広告に惑わされることがないように、日本小児内分泌学会は以下の声明文を発表しました。ご参考になれば幸いです。

 生まれつき小さく成長曲線から大きく外れている、ある時点から急に身長が伸びなくなった、という場合、ホルモンなどの病気が考えられますのでご相談ください。小柄であっても成長曲線に沿って伸びている場合、病気の可能性はほとんどありません。バランスのよい食事をとり、健康的な生活を送っていれば、サプリメントをわざわざ摂取する必要はありません。

<以下、日本小児内分泌学会の声明文から>
1.カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメント
 これらの栄養要素の不足により、もし成長が阻害されている場合には、栄養要素を補充することにより成長が正常化する可能性はあります。たとえば主に乳幼児期に発症するビタミンD欠乏性くる病では、成長障害がおこり、ビタミンDの補充により成長は正常に回復します。しかしこれらの栄養要素の不足がない場合には、これらの栄養機能食品を投与しても成長促進するという科学的なデータはありません。また多量に摂れば健康を損なう恐れがある一方で、成長が促進するという客観的なデータがありません。特にカルシウム製剤は、成長を促進すると思われていますが、骨を強くする作用はありますが、成長促進作用はありません。


2.成長ホルモンの分泌を促進するといわれている物質を含むサプリメント
 これらの物質のうちで代表的なものは「アルギニン」です。アルギニンはたしかに成長ホルモン分泌刺激試験の薬として用いられています。しかし、分泌刺激試験で用いる場合は、体重1kgあたり 0.5gという量を30分間で直接血管内に点滴で投与します。たとえば体重30kgの子どもであれば15gを投与するわけです。一方、現在サプリメントとして販売されているアルギニン製剤は、多くの場合に200mg~2gの錠剤で、内服薬です。その全部が吸収されて血中に移行したとしても分泌刺激試験の10分の1ぐらいの量となり、全部がそのまま吸収されないことや代謝などを考えると、血中のアルギニン濃度はわずかな上昇に留まるのではないかと考えられます。従って、サプリメントの服用で成長ホルモンの分泌が促進するとは考えられません。たとえ血中濃度の上昇が観察されたとしても、本来の生理的変動である可能性が高いと考えられます。そのほか、アルギニン以外に宣伝されている物質に関しても、サプリメントとして投与した場合に成長ホルモンの分泌が促進されたという学問的なデータが、信頼できる学術雑誌に報告されたことはありません。

(中略)このように成長ホルモン分泌を促進する効果が明らかな薬でさえ成長を促進することができないことから、薬効が明らかでない「成長ホルモン分泌促進薬」が効くとは全く考えられません。


3.成長ホルモンを含むスプレー
 成長ホルモンを含むスプレーでは、鼻や口の中に噴霧すると成長ホルモンが体の中に吸収されると説明されています。しかし、成長ホルモンは分子量が約2万2000というやや大きな蛋白ですので、鼻や口の粘膜からはほとんど吸収されません。舌下に投与した場合には、多くが唾液と一緒に胃の中に流れて分解されてしまいます。成長ホルモンが効くためには、成長ホルモン治療で注射したときと同じくらいに血中濃度が上がることが必要です。スプレーでたとえ少し血液中に吸収されたとしても、成長ホルモンを注射したときと同じぐらいの血中濃度にするには、注射する量に比べてよほど大量の成長ホルモンを投与することが必要になるので、コストの面でも全く見合わないはずです。実際にスプレーの中の成長ホルモンの濃度は、注射の濃度よりも非常に低かったことがあります。


0 件のコメント:

コメントを投稿