2020年4月9日

改訂版(3月23日):日本小児科学会「小児における新型コロナウイルス感染症に関するQ&A」

 昨年 12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症は、世界的に感染の拡大が認められ、日本における患者も全国的に増加しています。小児の患者数は成人に比較すると少ないですが、国内においても増加しており、子どもの感染者を想定した診療が必要になっています。また、感染対策は重要ですが、可能な範囲で通常の日常生活を続けることも子どもの成長や発達には不可欠なことです。

Q1 子どもが新型コロナウイルスに感染するとどのような症状が出ますか?
A1 子どもの感染者数は成人と比べると少ないですが、感染しやすさは成人と変わらないこともわかってきました。家庭内で感染している例が多く、発熱、乾いた咳を認める一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ないようです。 成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状を認めます。血液検査で明らかな特徴はありません。胸部X線検査や肺のCT検査を行うと肺炎が認められる患者もいますが、ほとんどが1〜2週で回復しています。感染していても無症状である可能性も指摘されていますが、子どもは正確に症状を訴えられないことに注意しなければなりません。

Q2 子どもの新型コロナウイルス感染症は重症化しますか?
A2 小児患者が重症化する割合は成人と比べるとかなり低いようです。しかし、成人同様に呼吸状態が悪くなることもあります。年齢の低い乳児などは注意が必要です。

Q3 小児喘息などの合併症を持っている子どもに関して特に注意すべきことはありますか?
A3 一般的に小児喘息などの合併症を持っている子どもの呼吸器感染症は重症化する可能性があります。ただ基礎疾患ごとにリスクや対応は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。また、周囲の人が感染しないように気を付けることが重要です。

Q4 母乳はやめておいた方がいいですか?
A4 母親が感染している場合は、接触や咳を介してお子さんが感染するリスクがありますので、直接の授乳は避ける必要があります。母乳自体の安全性については現時点では明らかではありませんが、中国からの報告では、感染した女性6名の母乳を調べたところウイルスは検出されなかったと報告されています。従って、母親が解熱し状態が安定していれば、手洗い等を行った上で搾乳により母乳を与えることは可能と思われます。

Q5 子どももマスクはしておいた方がいいですか? マスクが出来ない場合はどうしたらいいですか?
A5 感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛沫を直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思いますが、小さなお子さんでは現実的ではないと思われます。子どもの患者のほとんどは、家庭内において親から感染していますので、保護者の方が感染しないこと、感染した方から1〜2メートル以上の距離を保つことがお子さんの感染予防につながります。また、ウイルスに汚染された玩具や本などに触れた手で、口や鼻、目を触ることでも感染しますので、手洗いや消毒も大事です。

Q6 子どもの症状が新型コロナウイルスによるものかもしれないと思ったら、早めに医療機関を受診した方がいいですか?
A6 現時点(2020 年3 月21日)において、国内で新型コロナウイルスに感染している小児は徐々に増えつつありますが、依然として他のウイルスによるものの感染の可能性が高いと考えられます。地域による差がありますので、お住いの地域の保健所などの情報にご注意ください。実際には、新型コロナウイルス感染症を疑って一般の医療機関や休日夜間急病診療所等を受診しても、診断を確定するための検査はできません。むしろ受診によって新型コロナウイルスの感染の機会を増やす危険性があることを念頭におく必要があります。さらには、新型コロナウイルス感染の軽症者に対する特異的な治療法はありません。今の段階では、呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いなど、肺炎を疑う症状があり、入院加療が必要と考えられる場合を除いては、新型コロナウイルス感染症を心配して医療機関を受診することはお勧めできません。なお、厚生労働省からの新型コロナウイルス感染症を疑う基準では、「37.5°C以上4日」とありますが、この基準では、小児の「風邪」の多くが当てはまってしまいます。この基準は成人・高齢者では適当ですが、小児では実際的ではなく、帰国者・接触者相談センターへの電話の機会を増やし、回線が通じにくくなる可能性を高めます。小児では、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しい、経口摂取ができない、ぐったりしているなどの様子が見られるときは、速やかに医療機関を受診してください。ただし、小児であっても濃厚接触者や健康観察対象者である場合は、まず地域の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

Q7 学校が休校となりましたが、子どもは外出や友達と遊ぶことを避けたほうが良いでしょうか?
A7 子どもにとって遊ぶことは、心身の発達においてとても重要です。感染のリスクを 下げるために以下のことを守れば、外出や子ども同士の遊びは可能です。
 ① 屋外における遊び:屋外の遊びであれば感染伝播のリスクは低いと考えられますが、以下の点を確認し注意して下さい。(1) 風邪症状(のどの痛み、咳、発熱など)があるときは、外出は控える、(2) みんながよく触れる場所に触った後は手洗いをする、(3) 飲食の前にも手洗いをする。
② 屋内における遊び:屋内における遊びについては、屋外よりリスクが高くなりますので、以下の点を確認し注意して下さい。(1) 周囲に明らかな感染者がいない、(2) 遊ぶ場所に高齢者や基礎疾患のある方がいない、(3) 本人や家族に風邪症状(のどの痛み、咳、発熱など)がない、(4) 少人数である、(5) 保護者同士の了解が得られている、(6) みんながよく触れる場所に触った後は手洗いをする、(7) 飲食の前にも手洗いをする。

Q8 乳幼児健診や予防接種を遅らせたほうが良いですか?
A8 乳幼児健診の目的は、年齢ごとに起こりやすい病気や問題を早めに見つけて治療などに結び付けることです。予防接種についても、感染症にかかる前に接種する事が極めて重要です。新型コロナウイルス感染症を予防するための対策も重要ですが、極端な制限によって予防できる他の重要な病気の危険性にさらされることを避ける必要があります。今 後も数か月単位での流行が想定され、その間に乳幼児健診や予防接種を回避する デメリットは大きいと考えられます。実施にあたっては、いつも以上の配慮が必要にな りますが、保護者と実施者が協力し可能な限り予定通りに実施すべきと考えます。まず、集団健診や集団接種を実施している自治体においては、臨時的にでも個別健診や個別接種を可能としてください。本来なら接触する可能性のない子どもや成人を同じ場所に集めないだけで、非常に有効な感染拡大防止に繋がります。また、保健指導等は必要に応じて電話等でおこなうことも検討してください。集団・個別に関係なく、一般的な感染症対策として、お子さんや付き添いの保護者の方については、発熱や咳などの症状がないことを確認すること、成人では手指消毒や手洗いの励行とマスクの着用は必須です。また、可能な限り、きょうだいや祖父母などの同伴を避けること、健診や予防接種の会場や医療機関でオムツを替えないこと(新型コロナウイルスは糞便中に排泄される可能性が指摘されているため)も心がけてください。どうしても集団で実施する自治体においても、時間ごとに来場・来院する人数を調整したり、会場の動線などに配慮して人の接触が最小限になるよう工夫すると共に、必要に応じて会場や器具の消毒や来場者の手指消毒や手洗いができるよう資材等を準備してください。加えて、健診や予防接種の機会を逃したお子さんについては、後日必ずその機会が与えられるよう配慮してください。

Q9  病院における面会は全面的に禁止したほうが良いですか? 
A9 入院中の子どもにとって保護者の方との面会は非常に重要です。小児への面会については、必要最小限の人数に絞り、感染対策を強化しながら継続が望ましいと 考えます。また、面会者の方は、自宅で体温を測り、咳、鼻汁、下痢、嘔吐などの症状がないことを確認した後、子どもの面会前には、手洗いとマスク着用などの感染対策を守ることなどの協力が必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿